« 黄葉から黄落へ | トップページ | 瀬上沢の枯れススキ »

2018年11月17日 (土)

慶豊公園の紅葉

今日も横浜・円海山の写真ではなく、北京の慶豊公園の写真で失礼いたします。公園の中では紅葉した樹木の葉が晩秋の陽光を受けて輝いていました。上の写真は、こちらで元宝楓(yuanbaofeng)と呼ばれているカエデの葉です。中の写真は櫻花(yinghua)とされているのでサクラの一種ではありますが、ソメイヨシノではないようです。ソメイヨシノだともっと早い時期に落葉していると思います。下の写真は、こちらで懸鈴木(xuanlingmu)と呼ばれているスズカケノキです。スズカケノキは日本語では篠懸の木と書きますが、学名ではプラタナスと言います。今の日本では、プラタナスと呼ぶ方が一般的かも知れません。この写真でも丸い実がぶら下がっているの見えますが、これが鈴に似ているので、鈴掛けと呼ばれることになったようです。中国語の懸鈴木も意味はまさに鈴掛けの木そのものです。

Img_6858
Img_6843
Img_6981





« 黄葉から黄落へ | トップページ | 瀬上沢の枯れススキ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慶豊公園の紅葉:

« 黄葉から黄落へ | トップページ | 瀬上沢の枯れススキ »

フォト
無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

円海山動植物アルバム

  • 氷取沢のモミジ
    ブログに掲載しなかったけれど、眠らせておくのはもったいないと思った写真をアルバムにしてみました。